デュアルコアCPU+955チップセット


先日のブログで次にPC作るとき、デュアルコアCPUに955のマザーで組みたいな〜って書きました。

ようやく、役者が揃い始めてきたようです。
IntelからもデュアルコアCPUとしてPentium XE 840として18日に出荷を開始。
同時に新チップセット955Xもリリース。

昨日の記事でマザーボード各社からサンプルが公開されたとあった。
私はマザーボードはASUSを愛用しているが、「P5WD2 Premium」を発表した。

スペックの概要は・・・
・LGA775
・PCI Express x16×2
・PCI Express x1×1
・PCI×3
・DIMM×4(DDR2-800対応、最大8GB)
・SATA2(3Gb/s 4ch)
・7.1 surround sound and audio
・Dual Gigabit LAN
・Dual RAID
・S/PDIF-out on Back I/O Port
・USB 2.0×8
・SLI対応予定

マザーボードのスペックとしては問題なし 😀
価格も3万円台とのこと。

気になるCPUの方はExtremeのため、まだまだ高価だが、次にPentium Dとして8xx台、9xx台がリリースされる予定になっている。
このPentium Dこそが、次期Pentium 4としてコンシューマー向けのラインナップになる。
このCPUのリリースでデュアルコアCPU環境が一般的になるといってもいいだろう。

自作する場合の価格を想像してみる。
CPUがPentium D850ぐらいを狙ったとして・・・
CPU 50,000〜60,000.-
マザーボード 33,000.-
メモリ DDR2-800 512Mbyte×4 15,000.-×4
HDD SATA2 160Gbyte×2 11,000.-×2
グラボ nVidia 6600GT×2(SLI化) 28,000.-×2

この時点で計 ¥221,000.-

ぐはっ・・・・:-o
高すぎる・・・orz

CPUが30,000.-台、メモリ(DDR2-800)の値下がり
これに期待しないと、ちょっと手が出ないですね
せめて10万円台前半で、揃えられないときびしいかな〜
SLIのため、グラボを2枚にしているけど、はじめは1枚で購入して、資金が貯まりしだい2枚目を導入・・・。
このパターンしかないようだ 😆

秋〜冬にかけて、PC入替を夢に見ながら、へそくりを貯めるしかないですね

P.S
自宅サーバーのリプレースも考えなければいけないので優先順位的には・・・
サーバー>>PC
今、使っているPCをサーバー化に変えるとして、一部サーバー用にパーツを入替して・・・
新PCの費用と合わせてやっぱり200,000.-コースになってしまうのか?orz