CATV-地デジ その後(録画編)-2


前の投稿 「CATV-地デジ その後(録画編)」 に録画したデータの圧縮方法模索と書きましたが、その経過報告です。

お正月番組も徐々に終わり通常番組に戻りつつあり、録画を予定している新番組が始まりました。

いくつかの放送局で曜日や時間が異なり同じ番組を放送しているので、その中で極力アプコン経由ではないサイズで放送している局を選んで録画するように選局中です。


んで、とりあえず現時点での暫定圧縮方法ですが・・・
とりあえず録画サイズは 960×540 で録画。
(録画ソフトの影響なのか実ファイル上は 960×1080 で録画されている)
フレームレートは 30→24fps
インターレス解除を 自動24fps
リサイズ設定を 704x396
WarpSharpのプラグインを使ってエッジを明瞭に。

逆にアプコン経由での放送しているものに対しては・・・
とりあえず録画サイズは 960×540 で録画。
(録画ソフトの影響なのか実ファイル上は 960×1080 で録画されている)
フレームレートは 30→24fps
インターレス解除を 自動24fps
クリップを 上72 下72 左128 右128
リサイズ設定を なし(クリップによって704×396になる)
WarpSharpのプラグインを使ってエッジを明瞭に。

この設定でようやく現実的な変換時間になりました(苦笑
しばらくこの設定で様子を見ようかと。

できれば WarpSharp を使わないですむ設定を模索したいかな〜。
もっとフレームレート変換と最終書き出し設定を効果的に設定できるプラグインもあるのだが、どうも私のPC環境では相性がよくないらしくうまく動作しないため使用を見送っている。