セキュリティソフト


ずっとここ数年、セキュリティーソフトはNortonを愛用していたが、2007/02 で自動アップデートのライセンスが切れ、新規に購入する費用が工面できなかったという理由で一時的に SOURCENEXT のウイルスセキュリティZEROを使っていました。

広告などで一躍有名になったアレです。
更新料 0円
のうたい文句の・・・。

使った感想としては、初心者の方には、
・余計な操作も特にない
・アップデートは起動時自動でやってくれる
・再起動が必要なときもポップアップで通知してくれる
・なんといっても安い(導入コスト・運用コスト)
・入れたのを意識することなく使える
と言う感じ。

ただ、ある程度PCに知識のあるミドルユーザー・ヘビーユーザーになってくると、物足りなさを感じると思う。
実際にウィルスメールなど来なかったから、来たときの動作とかは確認取れなかったが、どの程度まで検知してくれるのだろう?って疑問は確かにあった。

と、まぁここまでは普通のユーザーだと文句も特にないけど・・・。
Linuxサーバーを併用している私にはちょっと問題点があった。

SAMBA(Linux⇔Windowsファイルサーバー)サービスでレスポンスが極端に悪くなるのである。
Web関連をやっているとファイルサイズの極端に小さいファイルを数多く扱うため、ディレクトリ単位でファイルサーバーに投げたりすると、イライラして我慢できないほどである。

そんなこんなで、2007/03に Norton から発売になった Norton360 をチェックしていた。

一言で言うと、初心者向けのオールインワンパッケージみたいなものである。
今まで Norton の製品は 高い・重い・難しい のイメージが常につきまわっていた。
それを一新すべく投入してきた製品である。
さらにこの製品1つで3クライアントまでインストールできるライセンスを持っている。うちのように私・妻・娘と3台Windows PCがある家庭にはもってこいである(笑

この Norton360 を土曜日(2007/06/30)に購入してきたので早速インストールしてみた。
今までのように初心者の方には 「ん〜〜!?!?」 となりそうなインストール画面はなく、比較的馴染みやすい画面でインストールが進められた。
あとインストール途中でアクティベーションも行われるため、アクティベートを意識することなく進める感じが良かった。

インストール後のインターフェースも下図のように人目で分かるような物になっている。

初回Updateで面倒だったのが、お約束の再起動指示である。
再起動を指示されるアップデートが2回発生したのは、ちょっと面倒だった。

動作はこの製品の文句にもなってるように、今までのNorton製品とは違って、かなり快適で軽い印象。

いくつかネットワークアクセスするソフトを起動してみたが、うるさいほど表示されていた、アクセスを許可するか否かのポップアップが出なくなった。
ある程度のアプリケーションはすでに設定済みということなのだろうか?
私としては、ちょっと不安になる気もするが、初心者の方には扱いやすいということになるのだろう・・・。

さて、前述したSAMBAサービスだが、デフォルト設定では見事に蹴られた!(笑
[マイネットワーク]からネットワークグループを表示する参照の仕方ではアクセス拒否になった。
なぜか、ネットワークドライブとして設定したものは、使えたのが不思議である。

で、この問題を解決するのは簡単で、画面上部にある タスクと設定で設定画面を開き、拡張設定で [ファイヤーウォール保護の設定] ページでSMBに対してのプロトコルを監視対象外(チェックを外す)にするだけでOK。

[訂正]
拡張設定で [ファイヤーウォール保護の設定] ページの [ファイヤーウォール 一般設定] でサーバーのIPアドレスを登録して [通信] の箇所で指定のプロトコルを許可 する設定で可能。

しばらく使ってみて、なにか不具合や、これはイイ! という状況が発生したらまたレポートしてみたいと思う。

とりあえず、これからセキュリティーソフトを何買おうか迷っている方にもお薦めできそうな一品。
注意点は
・1製品で3クライアントまでインストールできる。
・無償アップデート期限は1年
・ウィルス検知機能、ファイヤーウォール機能、バックアップ/リカバリー機能、クリーンナップ機能が使えるアールインワンパッケージ

ということである。