DivX 6.5に変更して・・・


今まで動画のエンコードにはDiv5.2をずっと使い続けていました。

この4月の番組改編で継続録画していたものも終了して、いい区切りだったので思い切ってDivX 6.5へ切り替え。

とりあえずDivXのサイトより最新のものを入手してインストール。
もちろんVersion 6シリーズ用のアカウントは入手(正規入手ですよ!w)済みなので入力してアクティべーション(有効化)させる。

その後、録画済のmpegファイルを試しに変換かけてみる。

ん・・・!?
設定項目が増えている。
前以上に直接DivX管理下での設定項目が増えている。
リサイズ関係やらノイズ除去関連等々・・・

とりあえずデフォルト設定で変換開始。

1-Pass設定だったので、あっという間に完了。

それじゃ、ある程度設定いじって、いつも使用しているビットレート1000Kbps、2-Pass設定で変換開始・・・。

んんん・・・!!!!
1-Pass目の開始直後でエラー発生。
その後、いろいろ設定をいじっても状況変わらず。

やばい、Version 6.5に変えなければ良かったかな?と不安がよぎる。

その後、いろいろググってみても改善案が見つからない。
このとき、すでに内心ドキドキ状態・・・(-。−;)

とりあえず、再度上書きで再インストールをしてPC自体を再起動。

!?

およよ!!
2-Pass変換できるようになってる。
と、いうことはインストール後、再起動が必須ってことかい!
見事、罠にはまったわけである・・・orz
インストール時に、そういうメッセージを表示してくれぃ!!!って感じです^^;

まぁ、そんなこんなで無事にDivX 6.5に切り替えて、変換してみる。
主な設定項目は・・・
 ビットレート 1,000Kbps 2-Pass指定
 ノイズ低減 最高
を使用。

素直な感想として・・・
・変換が速くなった?
・ノイズ低減処理がかなり有効的

っていう感じですね。
もともと、うちは録画環境が悪く、ノイズ+ゴーストでしたけど、このノイズ低減処理でほとんど気にならなくなって、VirtualDubのフィルターでさらにエッジシャープ化すると、前使っていたDivX 5.2のときと比べ物にならないクォリティーが確保できるようになりました^^ノ
チューナーのMVTX-2400HF自体がゴースト除去入っているが、完全には消しきれず、今までかなり画質の悪い仕上がりだったけど、これでなんとか・・・って感じ。
本当に画質にこだわる人がみたら、許容できる範囲じゃないんですけど・・・^^;

これから動画作成を考えている人や、まだDivX 5系を使っている方、ぜひお薦めです!!
(DivX5.2の方がいろんな意味でイイっていうユーザーを除いてですよ^^)