ボイスチャット + MTVX-2004HFの同居


先日購入したTVチューナーカードCanopus MTVX-2004HFですが、TV視聴中の音声出力で困っていた。
実は、マニュアル記載の方法(下図)で設定すると、音声は確かに聞こえるようになった。




しかし、この方法ではボイスチャット(TeamSpeak2)使用時に影響が出てしまった。
マイク入力はNGになりボイスチャットにはTVの音声が流れてしまうことに・・・。

いろいろ設定を変えたり、音声の接続方法をMTVX-2004HFの外部コネクタからSoundBlasterのライン入力に入れたりとしてみたが、結果がよろしくない。

そこで2つのサウンドカード併用利用を試みた。
たまたま、私の使っているマザーボードはASUSU P4C800-E Deluxにはオンボードでサウンドチップを積んでいるので、これを使ってみることに。

プライマリー(デフォルト)の音源はSound Blasterにしたまま、オンボードのサウンドはボイスチャットの音声入力に割り当て。




ボイスチャット(TeamSpeak2)の設定画面で出力と入力のサウンドデバイス選択という項目があるので、これを利用。


当然、これらの設定はWindows MessangerやMSN Messanger、IP電話ソフト「skype」にも同様の設定する項目がある。

これで、TV視聴しながら、必要なときは設定をそのままで仲間同士でボイスチャットということが可能になった。
TVチューナーカード+ボイスチャット同時利用しているユーザは少ないかと思うが、こんな方法もあるという意味で試してみてはいかがでしょう・・・。

ちなみに、ボイスチャットで使用しているマイクはヘッドセットと一体型のlogicool A-002を使っています。
以前はA-350を使っていたが、ミュート・ボリューム設定する箇所で接触がよろしくなく、時々音が切れるようになってしまったので買い替えた。


logicool A-002

logicool A-350


それと、ここまで書いたついでに、どんなPC構成なの?
って聞かれることがあるので、接続構成だけ書きました。
ご参考にでも・・・

自分で構成図書いてて嫌になってきました 🙁
こんないろんなものがぶら下がっていたと思うと・・・。
このPC一台だけでもすごい電力消費ですよね。

この他に
EPSON PM-4000PX (A3ノビ対応 顔料インク採用 インクジェットプリンタ)
・Linuxサーバー (ファイルサーバー・Webサーバー兼用のフルタワーPC)
・カミさん用のPC
・2nd PC (Web作成の検証用)
が常時稼動。