完全復帰!?


さてPC逝ってしまった事件の最終章。

問題だった熱問題。
Pentium D 940にASUSの VR GUARD というCPUクーラー、ケースはミドルタワーの前面、背面、側面Fanのついたもの。

この状態で昨日まではCPU温度が通常時で62〜68℃、過負荷状態で75〜82℃だった。
ビックカメラでクリップタイプの小型扇風機(\1,680.-)を買ってきて、前面もしくは側面において強制的に部屋の冷機を送ってみようと思い試してみたところ・・・。

1〜2℃しか下がらない。
過負荷時は依然として80℃を超えるときがある。
これでは解決策にならないし、気休めにもならない・・・orz

次に、CPUグリスを換えて試してみる。
今までは、大容量の少し高めの値段(¥1,500.-)で売っていたグリスを使用していた。
これを小容量で高め(¥2,000.-)のグリスにしてクーラーを設置してみた。
グリスを塗りなおすときは、毎回大変><;
CPUが冷えるのを待って、以前のグリスを綺麗に拭きとらなければいけない。
卓上用のウェットティッシュを数枚使ってふき取る。

その後、新しく買ってきたグリスをCPUの上に乗せ、適度に伸ばした状態でマザーボードに設置。
CPUクーラー設置時には、そのまま装着せずに少し左右にクィクィと回す感じに動かしてからグリスがCPUとクーラーに密着するように設置する。

通電させて主電源ON!

Windowsが起動しログイン。
さっそくASUS Probeという温度測定のソフトを起動。
起動時直後で62℃。
その後、起動時の負荷が収まった状態の平常時で57〜60℃。
Ragnarokなどの3Dの負荷がかかるものと、動画エンコード、など超過負荷状態にして65〜68℃

やった!!!
完全に10℃以上下がっている!!
過負荷時については15℃近くも下がっている。

これで安心して深夜寝ながらや、外出時に動画エンコードのバッチ処理ができるw
また、温度計気にしながらRagnarokやマビノギのオンラインゲームをしなくて済みそうだw

今回、いろいろパーツを取り替えたりして配線しなおした恩恵かもしれないが、TV音声が今までは左側からしか聞こえなかったが、正常に左右から聞こえるようになったし、今まで調子悪かったところが何気に治っているのが大金を投資して復帰させた恩恵かな?と自分を慰めてみる^^;

最後に、時間あるときにでもSATAのHDDをもう一本バックアップ用追加しようかと思っている。
今はRAIDを組んでいるため、もしマザーが今のと同型番を入手できなかった場合や、HDDが逝ってしまった場合、データの復旧が困難になるのでやはりバックアップは必要である。
そのためも、専用のHDDをつなごうかと。

これで、今回のPC復帰日記は終わりに・・・。