CPU高熱化(続編)


昨日のblogにCPUの熱について書いたが、気になったので会社帰りにCPUグリスを買って帰り、早速試してみた。
前にも同じようなことがあってグリスを塗ってからだいぶ日が経つと効果が薄れてくる・・ということがあったので、今回もたぶん・・と想像してみる^^;

CoolMaster製の熱伝導グリスで値段もそこそこ^^;
実に痛い出費である。
しかし作業中熱でリブートしてデータがパァーになったりCPUが破損するほうがもっと痛い!と思い涙を飲んで混入。

帰宅後、早速塗ってみて温度監視してみる。

昨日までは3D系のゲーム(Ragnarok他)を起動するとすぐに76〜77度に上がったが、今日は70〜72度前後で収まっている。
確実に4〜5度下がってはいるが、もうちょい下がると思っていが・・。
とりあえず警告温度には達しないのでしばらく様子を見ることに・・・。

いまさらクーラーごと買いなおしするのもな〜^^;
時代はLGA775になっているし判断に迷う。
まとまった金額手に入ればマザーボードごとCPUも買いなおしもありだろうけど、PCIスロットはなくなってPCI Expressになると、今使っている音源・TVチューナー・ビデオカードも全部買いなおしになる・・・。
新規格になるのはうれしいことだけど、実際に今のパーツが使えなくなると悲しい限りである。