PHP5.3系インストール


本当に久々に普通のブログ更新です…^^;;

このサービスが稼働しているサーバー。
ずっとPHP5.2系で動かしていたのですが、新OSへの載せ替えを検討しており、そうなると将来性が長いPHP5.3系を載せるべきでは…という選択肢に迫られています。

そうなるとこのサービスがPHP5.3系で正常に動くかが問題になってくる。

週末、予定外の出来事で時間ができたため、ひたすらテストしてみた。

結果からいうと今このサイトで使っているモジュール類はなんとか若干の修正を加えれば PHP5.3系 でも動くことを確認。
思い切って PHP5.2系 -> PHP5.3系 へのリプレースを実施してみた!^^;;

XOOPS Cube については Notice やら Warning を吐き出すための抑制処理を追記。
自作プログラムのサイトは同様な処理と、一部機能を停止させることで解決。
(この機能はOSリプレースしたときにでもゆっくり解決することにした)

今、悩んでいるのはどのパターンで構築しようかという問題。
(1)CentOS6系(全部パッケージインストール:PHP5.3系、MySQL5.1系)
(2)CentOS6系(ソースファイルインストール:PHP5.3系、MySQL5.5系)
(3)CentOS6系(ソースファイルインストール:PHP5.1系、MySQL5.1系)
(4)CentOS5系(全部パッケージインストール:PHP5.1系、MySQL5.0系)
(5)CentOS5系(ソースファイルインストール:PHP5.3系、MySQL5.5系)

正直、どれも一長一短なので困っている。
長い目でメンテナンス・保守性をとるのであれば、(2)なのは確かなのだが…。

一つずつ仮想環境でも作って検証していくしかない…orz