Firefox 38.0 リリース


Firefox 38.0が2015/05/12にリリースされました。

リリースノートによると

  • [新機能]設定画面が新しくなり、タブを用いたものになりました
  • [新機能]ルビをサポートしました
  • [新機能]このバージョンに基づいて、次の延長サポート版 (ESR) が作成されます
  • [変更]ユーザ名及びパスワード用のフィールドでは、autocomplete=off が無効となりました
  • [変更]URL パーサが URL のフラグメント部分への設定時のパーセントエンコード、および URL の仕様に従って文字列からフラグメント部分を取得する場合のパーセントデコードを行わなくなりました
  • [変更]RegExp.prototype.source が、空の正規表現に対して “(?:)” を返すようになりました
  • [変更]speculative connection warmup によってページのロード時間が短くなりました
  • [HTML5]Web Workers から WebSocket が利用できるようになりました
  • [HTML5]BroadcastChannel API が実装されました。詳細は hacks ブログの記事をご覧ください
  • [HTML5]srcset と picture 要素が実装され、レスポンシブ・イメージが利用できるようなりました
  • [HTML5]DOM3 イベントの KeyboardEvent.code が実装されました
  • [HTML5]Mac OS X:Media Source Extensions (MSE) API の一部分が実装され、Youtube のネイティブ HTML5 再生が可能になりました
  • [HTML5]Encrypted Media Extensions (EME) API が実装され、暗号化された動画や音声を再生できるようになりました
  • [HTML5]EME を利用して DRM コンテンツを再生するために、Adobe Primetime Content Decryption Module (CDM) が自動的にダウンロードされます
  • [開発者]最適化によって削除される変数が、デバッガから確認できるようになりました
  • [開発者]XMLHttpRequest のログが視覚的にラベルづけされてWeb コンソールに表示されるようになりました。また通信ログから XMLHttpRequest のみを抜き出すことが可能になりました
  • [開発者]コンソールで copy コマンドが利用できるようになりました
  • [開発者]WebRTC で複数ストリームの利用と、再ネゴシエーションがサポートされました
  • [修正]いくつかのセキュリティ問題が修正されました