ブラウザシェア 期間:2011年05月01日〜2011年05月31日


StatCounter Global Statsが集計している情報によると…

集計期間:2011/05/01 〜 2011/05/31
各ブラウザシェア
対象:全世界(前月比)

IE 43.87%(-0.65)
Firefox 29.29%(-0.38%)
Chrome 19.36%(1.34%)
Safari 5.01%(-0.03%)
Opera 1.84(-0.07%)
Other 0.63%(0.06%)

対象:国内(前月比)
IE 56.77%(-3.30%)
Firefox 20.88%(1.44%)
Chrome 12.93%(1.39%)
Safari 6.29%(0.20%)
Opera 1.58%(0.14%)
Other 1.55%(0.12%)

各ブラウザのバージョンごとでは…

対象:全世界
IE 8.0 29.06%
Chrome 11.0 16.07%
Firefox 4.0 14.20%
Firefox 3.6 12.28%
IE 7.0 6.39%
IE 9.0 4.57%
IE 6.0 3.84%
Safari 5.0 3.78%
Chrome 10.0 1.71%
Firefox 3.5 1.67%
Opera 11.1 1.32%
Firefox 3.0 0.90%
Other 4.19%

対象:国内
IE 8.0 43.66%
Firefox 4.0 12.80%
Chrome 11.0 11.18%
Firefox 3.6 7.09%
IE 7.0 6.34%
Safari 5.0 4.86%
IE 6.0 3.63%
IE 9.0 3.10%
Opera 11.1 1.27%
Chrome 10.0 1.14%
Firefox 3.5 0.64%
Sony PS3 0.59%
Other 3.69%

ついにバージョン別シェアでChromeが2位に。
全世界シェアでChromeだけが唯一躍進し、他は減少。
IE 9.0がプラットフォームを限定されているせいか、今一つ伸びが悪いのが印象的。
それに比べてFirefox 4.0、Chrome 11.0の新バージョンが旧バージョンと入れ替わって上位に入ってきた。
Mozilaは今後Firefoxのバージョンアップの手法をChromeと同様の形式にすると発表があったので、短期間でバージョン入れ替わりがスムーズにいくであろう。

それにしても日本のIE依存体質、少しずつ変わりつつあると言えまだまだという感じが…。