いつ書こうか迷ってた・・・(更新-2 11/01 11:30)


[11/01 11:30 動画の差替え、一部コメント内容修正]
[10/31 11:30 動画の添付、一部コメント内容追記]

って大げさなタイトルつけてみたけどw

秋の新番組も一ヶ月すぎだいたいチェックしている番組も安定して録画できるようになってきました。

いろんな背景もあってここ一年いろんなアニメ(主に深夜系)を見てきて、いろんな意味でのお気に入りについて書こうと。

放送自体は終了しているが、この一年間で気に入ったのは
「ロケットガールズ」
前にも書いたかな、これについては・・・。
どろどろした部分がなくいいテンポで毎回話しが進んでいって爽快。

次に・・・
「ひだまりスケッチ」
「スケッチブック 〜full color's〜」
こういう美術系の話はやばいです。
無条件ではまっちゃいます^^;;
そういう意味では 「ハチミツとクローバー」もですね^^

あとは
これはご存知の方も多い
「らき☆すた」
原作者が自分の母校出身+母校が舞台っていうこともあって、懐かしさという意味で見入っちゃいましたねw


今期もまだ放送している中では 「スカイガールズ」
「ロケットガールズ」同様、どろどろした展開がなく爽快感が気に入ってます。
放送開始前にOVAを見たときから、放送を心待ちにしていた作品。

あと最後にOP・EDで気に入っているものがあります。

「ひだまりスケッチ」 ED

「キミキス -pure rouge-」 OP

曲というか声がいいなぁと思ってみていました。
なんと同じ人だったのにびっくり。 『marble』というユニット。
今後ちょっとチェックっていう感じです。

画風(演出)的に気に入ったのは
「ひだまりスケッチ」 ED

「スカイガールズ」 ED(第一期)

「ef – a tale of memories」 OP

「ef – a tale of memories」 ED(3話以降)

見たことある人は分かると思うが、こういう画風って思いっきりはまりますね〜^^;;
(自分の書きたかった画風にも似てるせいもあって・・・)

ちょっといろいろ書いたけど、ジャンル的には特にこだわりはないですね〜。
画風や爽快感重視で見てるので^^;